新潟県生活協同組合連合会
県生協連からのお知らせ
地方消費者フォーラム(関東ブロック)が開催されました
〜もっとつながろう地域から 安全・安心な消費者市民社会に向けて〜

 平成28年度地方消費者フォーラム関東ブロック実行委員会(鵜飼照喜実行委員長(長野県消費者団体連絡会会長)・消費者庁は、高齢者等の詐欺被害防止や消費生活に関わる団体の活動事例を共有化し、安全・安心な消費者市民社会に向けて、連携・協働を広げ、深める場とすることなどを目的に、2月9日(木)ホテルメトロポリタン長野(長野市南石堂町)を会場に、関東ブロックの平成28年度地方消費者フォーラムを開催しました。

 7回目となる今年度は、「もっとつながろう地域から〜安全・安心な消費者市民社会に向けて〜」をテーマに、基調講演、行政・団体からの取組実践報告に続き、グループに分かれての分散交流会では、各団体の活動交流や活発な意見交換を通じて、参加者同士が学び合い実践につなげていくきっかけの場となりました。新潟県からは、NPO法人新潟県消費者協会より「新潟県における消費生活サポーターの活動」と題して、取り組み実践を報告しました。今回のフォーラムは、長野県内・関東各地から253名が参加しました。
平成28年度関東ブロック地方消費者フォーラム開催概要
・日時:2017年2月9日(木)10:30〜15:30

・会場:ホテルメトロポリタン長野

・基調講演

 講師:池田恵理利子氏(あい権利擁護支援ネット理事)
 演題:「高齢者の消費者被害防止〜地域福祉の現場から考える〜」

・行政・団体からの取組実践報告

 @岡谷市消費生活センターにおける福祉との連携」
  田村みどり氏(岡谷市消費生活センター)

 A「消費生活サポーターの受け皿づくりと地域活動」
  毛利憲昭氏(消費者安全ネットいちかわ)

B「新潟県における消費生活サポーターの活動」
  長谷川かよ子氏、高杉陽子氏(NPO法人新潟県消費者協会)

C「埼玉県から委託を受けてすすめる地域見守り推進事業」
  今野嘉久氏(適格消費者団体NPO法人埼玉消費者被害をなくす会)

D「水戸市安心安全見守り隊の取り組み」
  成田拓生氏(水戸市高齢福祉課地域支援センター)

・分散交流会(グループ討議)

・グループ発表・講評 消費者庁
会場の様子 取組実践報告(新潟県消費者協会) 取組実践報告(長谷川氏)
会場の様子 取組実践報告(新潟県消費者協会) 取組実践報告(長谷川氏)
取組実践報告(高杉氏) 取組実践報告(新潟県消費者協会)
取組実践報告(高杉氏) 分散交流会の様子
新潟県生活協同組合連合会   〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町6番地6 TEL:025-285-8916
Go to top