新潟県生活協同組合連合会
県生協連からのお知らせ
総合生協とコープにいがたは
「新潟県における地域生協の連帯推進共同宣言」を発表しました
 新潟県総合生活協同組合(新潟市中央区 小野塚豊理事長)と生活協同組合コープにいがた(新潟市西区 小林昭三)は、5月24日、県内で活動する地域生協として、消費者・組合員の共通の願いを実現するため、「新潟県における地域生協の連帯推進共同宣言」を発表しました。
 今後さらに県産品の利用を広げ、県内の農業や地場産業発展に貢献するとともに、6月から県産の農産品や加工品に「にいがた大好き」のキャッチフレーズを付し、両生協の統一規格として組合員に供給していくことや商品の共同開発をすすめていくことが発表されました。

 新潟県政記者クラブで行った会見には、総合生協から山口栄専務理事、平山喜美理事、コープにいがたから長谷川聡専務理事、飯島美智子理事が出席しました。また、共同宣言にもとづく商品を提供いただく生産者の中から、渡辺啓太氏(JA新潟みらい新潟西生産協議会すいか部会長)、高橋泰道氏(タカギ農場専務取締役)も同席されました。
(左から)平山理事、飯島理事、山口専務理事、長谷川専務理事、生産者の渡辺氏、高橋氏 ▲にいがた大好き!共通マーク
(左から)平山理事、飯島理事、山口専務理事、長谷川専務理事、生産者の渡辺氏、高橋氏 ▲にいがた大好き!共通マーク
新潟県における地域生協の連帯推進共同宣言はこちら (PDF)
新潟県生活協同組合連合会   〒950-0965 新潟県新潟市中央区新光町6番地6 TEL:025-285-8916
Go to top